A型とO型 A型魚座男性の 恋愛占い

タロットカードの絵は「物事の象徴」であったりします。
そのためその時の環境や関係性、占いのやり方によって、判断も変わるものです。
他のカードとの係わり合いもありますので無難な意味は言えないですが、このカードの持つ主観性によって占いが行われます。
恋を占っている場面で並んでいると望ましいカードの一つに、「運命の輪」があるんです。
正しい位置では、「新しい恋愛の萌芽」「運命的な邂逅」「フォーリンラブ」「結婚へのチャンス来襲」「引っ越しの導き」「好転」を期待できます。
現に片思いや意中の人がいないといった人にならば、嬉しいカードになりそうです。
直前までお付き合いしていた男より、今度出会う人は素晴らしい人だと、諭してくれています。
反対に逆位置で出現したときには、「恋愛運がない時期」「チャンスを見過ごしてしまう」「チャンスに見えない」「別れ」「相手の前兆無しの心変わり」「過去の恋人に未練を残している」などを示しているのです。
自分の考えを現すカードとして出現したのなら、一方通行の気持ちが「前の恋人と別れたことの辛さを埋めるだけの思い」かもしれませんし、相手の心を表示しているなら「今でも前の恋人を忘れられず、こちらを向いてくれることはできそうもない」という現実かもしれません。
どうにもならなくなる恋愛になる可能性を有し、いくらかの時間を置くことが必要になるものです。
自身の周りを取り巻く条件や状況が一変するのを待ったほうが良いです。
その機会では同じ憧れの人との恋占いでも、おおよそ違う未来が現れることもあるのです。
タロットカードを使った恋占いは「今の恋」を占うのが望ましいです。
タロット占いにチャレンジする時に出ると嬉しいカードが何枚かあり、愚者がまさにそれです。
愚者は「無意識」や「大雑把」、「無知」「大胆」「常識はずれ」などを意味すると考えるのが妥当ですが占う内容や自身が今置かれている状況によってまったく別の解釈になります。
恋愛占いにおいて愚者は「気分の赴くままな恋愛」「楽しい恋愛」「恋する機会の訪れ」「人目を気にしない恋」などを意味します。
とてもワクワクとした印象を受けますが、現在の恋の不安についてカミングアウトして占った場合には、「哀れさ」「向上心のない恋」「逃げたいという潜在意識」などを示すことも結構あります。
対象者が、今の恋人と一緒にいてどう感じているのかが軸となって解釈しますので、気持ちの変化に伴って愚者のカードが示すものも一転します。
この愚者が逆位置で配置された場合には、通常とは違う性質を持つ「陰」の部分が露わになります。
「短命に終わる恋」「知らないふり」誠実さのない恋「逃げ腰な結婚観」「人のアドバイスに耳を傾けない」「我が強い」「身を滅ぼす体質」「ネガティブな思考回路」などの意味合いを持つことになります。
もし、しり込みしている彼のことをタロット占いした時に愚者が逆位置で出ると、責任感の不足や自由を必要とする心などを示しているということもあり得ます。
タロットカードを使った占いの解釈は、その時点での状況を総合的に熟考して判断してゆくのが定石です。
同一のタロットカードが出ても占った時期や環境によってカードが伝えるニュアンスが違ってきます。その点を覚悟しておきましょう。
タロットカードの節制は、「了解」や「バランス」、「統制した上で新しく生まれ出ずる」ことを指摘します。
この忍ぶ恋が熟すかどうか、タロットカードで恋占いをした場面で、「節制」のカードが正位置に来ると、家族ぐるみや友人も加えた望ましい恋を意味します。
相手のことを顕示している形で出たときには、行為をあえてしていない段階と言えるのかもしれません。
何かを一緒に始めると、取りえなどをお互いが了解し、楽しみな関係に進化していきます。
早く恋人同士になりたいといえどももどかしがらず、足場を固めつつお互いの愛情を育んでいくとよいでしょう。
相談をして、連れ立って解決方法を調べるという関係から取りかかるのも悪くないかもしれません。
反対に逆位置で出現したときには、家庭や家族を巻き込む事態に流れていく可能性は否めません。
自分と客観的には適合しない相手に恋心をぶつけている可能性もありそうです。もし彼女がいる男性を好きになったが故に、許されない恋であるなら、心を傷めるほど問題が大きくなる事例もあります。
相手の家庭のみに止まらず、自分も家族も崩れてしまうことになりかねません。知人も離れていってしまうでしょう。信頼を欠落した上に、何もかも失う事もありそうです。
自分のムードをマネージメントできずに、うまくいくような恋を悪い方面に自分自身が陥らせていることもあります。
再び、自分自身がすべきことを落ち着いて振り返ってみましょう。そういう時であることを含意していることもあります。
タロットカードの暗示を確固として受け止めることで、転じていくことも想像できます。

既婚者用 既婚女性の恋愛心理 実家暮らし

タロットの「運命の輪」は、周期性や永続的なことを物語ります。占いで「運命の輪」のカードが出現すると、良い知らせです。
天運によって誘引されている出会いを反映している事も多く、タロットで恋占いをしている場では、本当に嬉しいカードです。
お互いが高めあう事が出来、長続きする出会いとなる事でしょう。
結婚にまで発展していく可能性も考えられます。婚活中ならば、宿命的な出会いは、すぐそこにあるのです。
前触れのない出来事なので尻込みするかもしれませんが、ストレートに受け止めるようにしましょう。
更に、煮え切らない人と交際して来た場合でも、二人の間で結婚を漂わせる事が訪れるかもしれません。
この好機を逃さずに、結婚を目指し気構えをしておくべきです。
または、もし今の意中のお相手が婚姻関係になる事を考えてくれない事にもがくなら、全く違う視点からその相手よりも良い相手が突然現れるのかもしれません。
「新しい巡り合い」を表しているカードでもあるのです。但し、それは正位置で出た場合のこと。
もしも逆位置であれば、好機ではない、恋愛運が低落している、チャンスをみすみす見逃すといった予兆です。
とは言ってもタロットカードは「現在」を見るものですから、日常の行いや心構えで将来は変わります。
自らの心構えで変化したとインスピレーションを感じたときには、再度鑑定をしましょう。結果が変わっているかもしれません。
恋愛感情というものは理屈抜きの感情です。お互いの状況や立場などを想像し好きになったのなら、自分の理想をお持ちなのでしょう。
誰もがそう思う事が可能なら、心の痛みは少ないと思います。
感情をセーブすることが出来なくなることもあるので、その人との未来を知りたくて恋占いの定番であるタロットカードをやってみるかもしれません。タロットカードは、その人との関係性がどういったものなのかを解決も含めて導いてくれます。
彼氏との未来を知るためにタロットカードを引いて恋の結末を占い、もしも「吊るされた男」が出てしまったら、正位置・逆位置いずれにしろ気を付けることがあります。
正位置は「不幸になる恋愛」を暗示しているのではありません。
もしかすると価値観だったり、連絡をとるペースが激減したりなど、こちらが辛抱強くいなければならない現状に陥るかもしれないことを暗示しているのです。
思いやりを持ち尽くすことによって次々と訪れる試練を乗り越えることが出来たら、あなたたちの絆は簡単に崩れなくなります。
一方逆位置の場合は、あなたの感情が先走っている状態のようです。
また妻子持ちの相手で遊びの恋と考えていた関係が、いつの間にかこの人に依存してしまい、ストレスを抱えるかもしれません。
初めからその関係は嫉妬心が芽生えたり、お互いが向上する関係を築くことはまず考えられません。
それだけにとどまらず、あなたのすべてを失うかもしれないリスクが高いです。
簡単に考え周りから祝福されない恋愛をしてしまうと、二度と元には戻れないかもしれません。踏み込む前に、一旦客観的になって考えるべきです。
「隠者」というタロットカードは「真理」や「用心深さ」「考察」「心の中の作業」などを意味します。
「隠者」とは自ら世の中を離れた頼れる人がいない中で真理の追究に執着する人を体現していますので、このタロットカードが有する意味も、人の情緒的な面を中心に表しています。
タロットカードで恋愛占いをしたときにこの「隠者」というカードが正位置で出現したら、少々警戒する必要がある不穏なメッセージが込められていると考えた方が良いでしょう。
心情の結束を重んじる恋愛で、善し悪しの分別もでき混じりっ気のない気持ちで成り立っている反面、周囲との関わりを断つことを欲する気持ちが強いことから、お互いが一層寄り添うには随分と時間がかかったり、手間取ることも往々にしてあるでしょう。
また己自身、もしくは相手に秘密や裏切りを言えずにいるかもしれないことも示しています。
しかし、二人のうち一人が裏切り行為とも受け止められる隠し事を持っていたとしても、恋人を思う故に知らないふりをしたり言い出せないと思っている可能性もあります。
隠者が逆位置で現れたときには、「世捨て人」という異名を持つ「隠者」の別の顔が表に出ます。
「疑心暗鬼」や「頑なすぎる精神」「口うるささ」「面倒臭がる心」「棄却できない過去にとらわれる心」などとなって現れるのです。
正位置の時と同じく「言い出せない事がある」ということも象徴していますが、相手を思いやる気持ちの上にどちらかといえばヒタ隠すというよりも、自らの過去を晒せないがために悩乱した末に敢え無く隠しているという意味合いが一層強くなります。
または、自分がそれを闇雲に推測している状態を示すこともあるかもしれません。
タロットカードに示されている絵は「物事の象徴」のようです。
すなわちその時の環境や相談内容、占いのパターンによって、判断も変わるはずです。
他のカードとの関係もありますので必ずしも意味を言うこともできないのですが、このカードの持つ幻想によって占いは行われるのです。
一途な思いを占っている場合に裏返るとハッピーなカードの一つに、「運命の輪」があるそうです。
正位置とすれば、「新しい恋愛の開始」「運命的なつながり」「ビビッと来る思い」「結婚へのチャンスが見える」「転職運」「好転」を示します。
すなわち片思いや意中の人がいないといった人になら、嬉しいカードのようです。
元々お付き合いしていた元彼より、これから出会う人は素晴らしい人だと、暗示してくれています。
それでも逆位置で出現したときには、「恋愛運がない状態」「チャンスを去らせてしまう」「チャンスを捨てられてしまう」「振られる」「相手の不意な心変わり」「過去の恋人に未練を残している」などを示しているものです。
自分自身を現すカードとして出現した折には、恋愛感情が「前の恋人と別れたことの辛さを埋めるだけの思い」かもしれませんし、相手の心を描いているなら「どうしても前の恋人を忘れられず、こちらを向いてくれることはできそうもない」という事実かもしれません。
倦怠感が生まれる恋愛になる可能性を持ち、一定の時間を置くことが必要とされます。
自分の周りを取り巻く条件や状況が変貌するのを待ったほうが利口です。
その状態では同じ異性との恋占いでも、まったく違う未来が生まれることもあるのです。
四柱推命は十二支限定で考えるほど安易に手を出せるものではありません。
各人の運命の流れに知悉して、未来のことを微細に予測する学問ですから、12分割する程度の大雑把なものではそれをうかがい知ることはかないません。
加えて十干や星宿の理論も摂取して、その傾向を統計学的知識をあてはめながら調べるのが四柱推命です。「運命学」という異称を持ちます。
十二支と十干の組み合わせ方を見ると60種と非常に多くなっておりますが、各自の運命を把握したい場合、これだけで価値判断してしまうのはご法度。
また環境や遺伝といった引き金によってもギャップが出てくるものですから、鑑定する占い師の才能が重要になります。
何十年も占い業を続けることで、その占い師も脱皮を経て、生まれながらに備えていた直観力にも向上が見られます。
高名な占い師がよく当たる可能性が高いのは、それだけ成長の糧を摂取しているからです。
新米の占い師は無能だと決まったわけではありませんが、四柱推命が告げ知らせる運命を精密に伝える能力は、途方もない数の人に面会している占い師の方が、有している場合が多いのです。
もう一度言うと、同じ十二支と十干の組み合わせをもって生まれた人でも、それぞれ異なる鑑定結果になる場合もあります。
そういう面が四柱推命の占い師の腕の振るいどころでしょう。
普遍的な理論である四柱推命を実社会に割り当てるので、経験豊かな占い師と駆け出し占い師で類似した結果が出るわけではありません。
それでも、十二支が表すおおざっぱな傾向もあります。どの干支が人間関係にトラブルを持ちやすいかとか、どの干支がスポーツ選手に向いているかとか、どの干支とどの干支が友情を保ちやすいかというのもあります。

ネット本物はどこの? 黒ひょうAB型射手座 恋愛占い 非常によく当たる無料

タロットの「戦車」を注意して調べると、一本調子な若者がチャリオットに乗っているさまが図示されています
戦車の前にいるのは馬が親しまれていますが、白黒のスフィンクスが引いているパターンもあります。
「戦車」のイラストのタロットは、危局に打ち勝つ、勝ち星をつかむ、攻略する、成し遂げる、積極性などのメタファーとなっています。
恋占いのタロットをやっているときにこのカードが登場すれば、恋愛が大成するのもまもなくだとわかります。
まだ交際が始動していないのであれば、前だけを見てまっすぐ行きましょう。ライバルが出現しても恐れる必要はなく、そのライバルを討ち取ることもできます。
交際がすでに船出を迎えている場合、関係を存続させるうえで問題が起こっているのかもしれません。
しかしいずれは窮地を脱し、道が開けてきます。今婚活を行っているという人は問題なく進められるでしょう。
種類を問わず多くの集まりに積極的に参画することで、ブライダルへたどり着く可能性が増大するに違いありません。
バスツアーなどの、出会いに飢えた人々が集う場が、あなたがタイミングをつかんで勝利するロケーションかもしれません。自らに結婚を至上命令として課して道草を食ったりせずただまっすぐ行くのです。
こんなものと思っていい加減にすませているようなことが、勝敗を決定する注目の一手なのです。
しかし逆位置でお出ましになった場合は、まだその時ではないということです。最善だと思われる行動をとり続けても万策尽きた状態に陥るので、忍耐が必要な機関となります。
この受難の時を甘んじて黙認することで、次回戦車が正位置で現れれば、勝者となること間違いなしです。過去の自分について反省し、日々鍛錬することが大切なのです。
タロットカードに描写されている絵は「物事の象徴」でもあります。
だもんでその時の環境や状態、占いのタイプによって、見方も変わるそうです。
他のカードとのバランスもありますので軽々しく意味を言うことはできないのですが、このカードの持つ内容によって占いを行っていきます。
一方通行の恋を占っているひと時に示されると頼もしいカードの一つに、「運命の輪」があるんです。
正しい位置では、「新しい恋愛の突端」「運命的な好機」「刺激的な恋」「結婚へのチャンスが忍び寄る」「引っ越しの導き」「好転」を示唆します。
ちょうど片思いや意中の人がいないといった人にとって、嬉しいカードなのでしょう。
先だってお付き合いしていたボーイフレンドより、新しく出会う人は洒落た人だと、伝えてくれています。
けれども逆位置で出現したときには、「恋愛運がない状況」「チャンスを逸してしまう」「チャンスが見出せない」「別離」「相手の唐突な心変わり」「いにしえの恋人に未練を残している」などを示しているそうです。
自分の考えを現すカードとして出現した時は、報われない気持ちが「前の恋人と別れたことの淋しさを埋めるだけの思い」かもしれませんし、相手の心を顕しているなら「それでも前の恋人を忘れられず、こちらを向いてくれることはゼロ」という意味かもしれません。
鬱々としてしまう恋愛になる可能性が否定できず、少し時間を置くことが必要でしょう。
お宅様の周りを取り巻く事態や状況がチェンジするのを待ったほうが確実です。
その状況では同じターゲットとの恋占いでも、大きく違う未来が出現してくることもあるのです。
タロットカードの一種である「隠者」は「真理」や「慎重さ」「勘案」「心の中の作業」などを象徴しています。
「隠者」とは自発的に世間から離れた一人ぼっちで真理の追究に励む人を明示していますので、このタロットカードが含有する意味も、精神的な面に重きを置かれています。
タロットカードで恋愛占いを行った場合にこの「隠者」が元々の向きで出れば、いくらか気をつけなければならない縁起の悪いメッセージが込められている可能性があります。
感情の結びつきを優先する恋愛で、道徳感覚もしっかりしており純粋な気持ちで成立している反面、一人でいる時を希望する気持ちが強いことから、お互いがもっと親しい間柄になるには殊の外時間がかかったり、円滑に事が進まないこともあります。
またあなた自身、もしくは相手に秘密や裏切りをひょっとしたら持っているかもしれないことも知らせています。
しかし、どちらか一方が信義にもとる行為ともとれる秘密を隠し立てていたとしても、遠慮してしまい隠したり言いづらいと考えている可能性もあります。
隠者のタロットカードが正位置とは真逆の位置で出たときには、「世捨て人」とも言い換えられる「隠者」の裏の顔が発現します。
「不信」や「頑なすぎる精神」「口うるささ」「忌み嫌う心」「忘失できない過去にとらわれる心」などとなってあなたの前に現れます。
正位置で配置された時と同じく「秘密がある」というようなことも一応表していますが、厚意の上にヒタ隠すというよりかは、自分のだらしがない過去を晒せないがために憂患した末に隠しているという趣意が強いです。
そして、自分がそれを闇雲に推察している状態を示すことも時としてあります。
タロットカードを使った恋愛の行方の占いをするときに「太陽」のカードを見つけたら、見通しは明るかろうと言うことを意味するのです。
空で輝いている太陽は、命にとって必要です。太陽の恩恵で、夜の月も星も必要となっています。
このような想像通り、太陽のカードが出た恋愛はおもしろいものになり、これが結婚への道になることも可能性としてあり得ます。
近くの人から祝福を受け、幸福たる関係性を築いていきます。
よいタロットカードが出てくれただけで自分自身がそれに甘えると、うらやましい結果でも悪い状態になりかねません。
それに気をつけましょう。逆に、逆位置の場合には、二人を傷つけ合ってしまうかも知れません。
二人は一緒に居たならば、自堕落になることも十分あり得ます。間断なく喧嘩が絶えないような、楽しめない関係と化してしまいます。
お互い疲れてしまうため、いざ別れるときも抜き差しならない状態になるのでしょう。結婚はないであろう二人ですが、何らかの拍子やそのときの心境で、結婚に至るかも知れません。
その時には絶えず問題が絶えないような、心が常に安まらない結婚生活になることでしょう。
特に異性の問題で苦しめられると予想されます。よしんばそうでないならば、自分の気持ちもあれて「今がよければいい」そうした恋に投じかねないことも事実です。
「太陽」の正位置というものはタロットカード占いの決まりでは「最強」と伝えられるほど幸福を意味するものですが、逆位置はそれだけ辛いことを示しています。
好きなようならばその人と交際すると言うことはしょうがないのですが、心身を打ちのめされる覚悟が欠かせないのです。

仕事相談センター 恋占い 1988年昭和62月13日生まれ27歳(女) 恋愛占い

「デビル」のカードは、「願望」「呪い」「弱い者いじめ」「束縛」「愛慾」「性慾」「杜撰さ」「知力がないさま」「安定感の無さ」等を窺わせます。
復縁に関してタロットカード占いでやってみて、「魔神」のカードが出現した時には、関係修復が望んだ通りには運ばないと思っておいたほうが良いでしょう。
この関係性が、双方から見てそんなにいい間柄ではないということも、一方で示しています。
しかし、そうはいっても相手様に対しての根気が強く、それによって自分だけの都合で元の鞘に戻ることを望んでいることも示唆されるのです。
ただの離れられない仲を「本当の愛」と間違えて、そういう思想に執着しすぎているかもしれません。
いったん冷静になって、お互いの仲を見直す必要があります。「悪魔」のタロットが逆位置で表れた時にも、復縁はあまり望ましくないことを教示しています。
私自身も、離別を決断することが期待されるでしょう。断ち切るべき絆であることを示していることもあります。
肉欲だけの衝動から、元の関係に戻ることを望んでいることも想像できます。
先方から復縁を希望している時に、そんな迷いからタロットカード占いを実行していたのであれば、元の鞘に戻ることが不幸に繋がることを表しています。
向こうの姿勢に偽りがあり、それに感じていないことを示してくれていることがあります。
正ポジションも逆ポジションも「忠告」として甘受すると、どのように行うべきかがよく見えてきます。
自分が聞き入れられないことをカードが示唆していたとしても、重大なこととして受け止めましょう。
タロットカードを活用した恋占いは「今の恋愛」について占うのが打って付けです。
タロット占いをやる時に出ると嬉しいカードが結構あり、まずは愚者というカードを例に挙げたいと思います。
愚者は「無意識」や「 ちゃらんぽらん」、「無学」「大胆」「非常識」などを普通は意味しますが、占う内容やシチュエーションによって解釈はがらりと変わります。
恋愛占いにおいて愚者は「ストレスフリーな恋愛」「楽しい恋愛」「恋する機会の訪れ」「人目を気にしない恋」というような意味合いを持ちます。
かなりワクワクとした印象を受けますが、「恋愛で嫌な思いをしているんです」と相談して占ったとしたら、「哀れさ」「向上心のない恋」「逃げたいという潜在意識」などを示したりもします。
依頼者が、今の恋人との仲についてどういった感情を抱いているのかが軸となって解釈しますので、その時の状態次第で愚者のカードが表す意味も色々と変化するのです。
この愚者が上下逆向きにおかれた場合には、正位置とはまた別の意味を持つ「陰」の部分が現れます。
「落ち着きがない恋」「自己保身」「半端な気持ちの恋」「結婚に対する受身的な態度」「人の意見を蔑ろにする」「自分勝手」「身を滅ぼす体質」「ネガティブな思考回路」などを表すようになるのです。
もし、気持ちが揺れている彼のことをタロットを利用して占った時に愚者が逆位置で出ると、怠惰や自由を必要とする心などを明示しているのかもしれません。
タロットカードの解釈の仕方は、占われる側のその時の状況を理解した上で判断してゆくことが枢要です。
同じタロットカードが配置されても依頼者が占ってもらった時や環境によってカードが伝えようとしていることが違ってきます。その点を留意しておいてください。
四柱推命は十二支しか見ないものほどあっさりとしてはいません。
めいめいの人の運命の流れをつぶさに知って、一段階上の生き方をするための学問ですから、せいぜい12に分けた程度では分類しきれていないのです。
そのうえ十干や星宿の理論も受容して、その傾向を統計学的知識をあてはめながら解析するのが四柱推命です。二つ名を「運命学」と言います。
十二支と十干の掛け合わせを数え上げると60種というめまいがしそうな量になってきますが、人々の個別の運命を知りたいときは、これだけで価値判断してしまうのはご法度。
また環境や遺伝といったファクターによっても違いが生まれるので、鑑定する占い師の技量が大事になってきます。
数多の人を鑑定した結果、その占い師もさなぎの殻を脱ぎ捨て、また生得の直観力にも亢進が起こります
声望高い占い師が正確無比な鑑定を行えるのは、長年の修練がなせる業です。
若造占い師は使い物にならないということはありませんが、四柱推命が告げ知らせる運命を真実に即して伝える能力は、数多の人に対面している占い師の方が、獲得しているものです。
それで、同じ十二支と十干の年に生まれた人でも、同じ鑑定結果でないことが一般的です。
そういう面が四柱推命の占い師の真価が問われるポイントです。
四柱推命の繊細な理論を実社会に割り当てるので、素人が占っても似たり寄ったりの鑑定ができるわけではありません。
しかれども、十二支が表す大体の特質というのもあります。どの干支が内面的に充実しているかとか、どの干支が起業してうまくいくかとか、十二支ごとの親和性もあります。

出生地入力 生年月日で寿命診断 恋愛占い

四柱推命は十二支単体ほど素人でもやりやすいものではありません。
個別の人間の運命の精細な流れを知って、人生の大事な局面で的確な判断をするためのものですから、12分割する程度の大雑把なものでは解明できるものではありません。
加えて星宿や十干の理論とも同化して、その傾向を統計学を役立てつつ調べるのが四柱推命です。二つ名を「運命学」と言います。
十二支と十干の組み合わせを総攬すると60種類もあり目が回りそうになりますが、おのおのの人を調べたい場合、これだけで価値判断してしまうのはご法度。
また環境や遺伝といった変数からも結果が変わってくるので、鑑定する占い師の才能が肝心です。
何十年も占い業を続けることで、その占い師もさなぎの殻を脱ぎ捨て、また生得の直観力にもさらなるレベルアップがなされます。
流行の占い師が顧客のどんなニーズにも対応できるのは、多様な経験を積んだからという面も大きいのです。
キャリアの浅い占い師は能なしだから放逐してしまえというわけではなく、四柱推命によって導き出されるメッセージを滞りなく伝える才覚は、無数の人にめぐり合っている占い師の方が、知悉しているものです。
さて、同じ十二支と十干の頃合いに生まれた人でも、結論は人それぞれです。
そのあたりが四柱推命の占い師の腕の振るいどころでしょう。
託宣を状況に応用する必要があるので、一般人が占っても同様ということはありません。
ですが、十二支が表すあら掴みな属性はあります。どの干支が学業に秀でているとか、どの干支が起業してうまくいくかとか、どの干支とどの干支が友情を保ちやすいかというのもあります。
「デビル」のタロットカードは、「熱望」「恨みつらみ」「バイオレンス」「抑止」「愛慾」「性慾」「杜撰さ」「理性がないさま」「安定感の無さ」などを教えてくれています。
復縁に関してタロットカード占いで行って、「魔物」のカードが出現した時には、仲直りが望んだ通りには運ばないと想定したほうがいいでしょう。
このつながりが、ペアにとってあまりいい付き合いではないということも、ついでに示唆しています。
けれど、それでも相手方に対しての欲が強く、そのためにわがままに復縁を求めていることも見込まれるのです。
単なる腐れ縁を「真実の愛情」と勘違いし、そういう気持ちに執着しすぎている可能性があります。
一度気持ちを静めて、関係性を確かめる必要があります。「魔物」のタロットカードが逆の位置で出現した時にも、復縁はそれほど良くないことを教示しています。
本人も、別れを決めることが良い結果を生むでしょう。断絶したほうがいい縁であることを示している場合もあります。
性欲だけの本能から、元の鞘に戻ることを求めていることも予想されます。
相手様から復縁を希望している時に、そういう気の迷いからタロットカードでの占いを実行していたのであれば、仲直りが災難に繋がることを明示しています。
先方の態度に偽りがあり、それに感知をしていないことを示してくれていることがあります。
正のポジションも逆のポジションも「シグナル」として受け止めると、どのように動いていくべきかが十分にわかってきます。
自分が受け入れたくないことをカードが示唆していたとしても、重大なこととして容認しましょう。
「社会」のタロットカードは、欲求が成就することを表明しています。
復縁の要因を求めている人にとっては、とても明るいイメージができるカードの一つです。逆に、それは正位置で示された瞬間の例のことです。
それで逆位置で垣間見えたのであれば、二人の関係がどうしても分かり合えない関りであることが誕生しています。
確率的に復縁できたとしても、結婚までに及ぶことは、今の位ではありません。
お互いを生い立ちさせるような結びつきではありません。年来の間柄になりやすいことも仄めかしていますので、よりを戻すことの表現はデタラメではありません。
だがしかし、それがそれ言な関係であったり、苦労が伴う意味合いであったりします。
復縁は、相手の悲しさに付け込んで、一人はイヤといったわびしいを感じているときにかまってもらえることで平明に成就するプロパポリティーはあります。
しかし、互いの苦悶の始まりにもなりますので、また人付き合いすることは警戒に考える決定的なものがあります。
次の回、付き合うと別れたいと脳裏を過ぎったときに、けっこう思うようにはそういう風にはなりません。
一時的な思慮に流されず、「本当に愛し続けることが出来る異性なのか」ということの真理、自分自身を確かめることが必要なポイントとなるでしょう。
「人間」のカードの逆位置は、復縁が出せる・出来ないよりも、それは逆によいことではないと書き出していると取ったほうが良いようです。
最近、別れている時間が自分にとっての冷却期間と主張し、イライラして行動にでてしまうことは転脱しておいたほうが明敏です。
タロットの「戦車」を注意して調べると、エネルギーに満ち溢れた若者がチャリオットに乗っている様子が図版で示されています。
チャリオットを前に進める役目を担っているのは多くの場合は馬ですが、スフィンクスが引いているケースもしばしばです。
というような「戦車」のタロットは、苦境に打ち勝つ、打ち勝つ、覇権をとる、成し遂げる、積極性などを表徴しています。
恋占いのタロットを楽しんでいるときにこのカードを引けた場合、意中の人とうまくいくのは短期間のうちだと識別できます。
交際がいまだオープニングを迎えていない場合は、猪突猛進なぐらいでかまいません。ライバルがいることもあるでしょうが、そのライバルを討ち取ることもできます。
もう交際できている場合、関係を引きずっているうちに辛苦が待ち構えているのかもしれません。
そんな苦境もいずれは跳ね返せます。婚活をしているのであれば、良いタイミングといえます。
数々の宴会に積極的に参入することで、婚約にこぎつける可能性が大きくなるでしょう。
街コンや合コンといった、海千山千の猛者が集う場が、あなたが一瞬のスキを逃さずに勝利の美酒に酔いしれる会場かもしれません。きっと結婚できると自分に言い聞かせて強引に進んでいくのです。
今からやることが、10年後、20年後の生活を変えるのです。
しかし逆位置でお目見えしてしまうと、しばらくは休眠しているべきだということです。何をしても打つ手がなくなっていくので、我慢するタイミングとしたものです。
この受難の時を甘んじて承伏することで、次に戦車が正位置でお目見えした際には、勝者となること間違いなしです。目標達成のために必要なことを確認し、仲間と切磋琢磨して女子力・男子力を向上させてください。
タロットカードで「女教皇」というカードは、聡明や実直、自戒、愛情などを示しています。
タロットカードによる結婚の占いで「女教皇」のカードを引くと、精神的に大きな影響のある出会いの運命があることを指しています。自身の直感の言う通りに行動することが大切です。
とはいえ自分が純真な精神的な関わり合いのみを想像して、頑固になっていることを注意しているということも少なくありません。
結果はどうあれ柔軟性を重視するべきです。自分に対しても相手に対しても情け深さも持ち合わせるべきです。
女教皇が出た場合、自立心が強すぎて婚期を逃しているということも暗示しているので、結婚のために活動しているのであれば、自分自身を取り巻く状況をできる範囲で振り返って検証しましょう。
実際のところ、心の中の優しさや思いやりを隠しているだけなので、本音のメッセージを出すことも、それなりに有用です。
逆位置が出たら、これらの「女教皇」の暗示の負の側面と合わせて、稚拙な点や偏った価値観といった点も表しています。
「女教皇」が正位置の場合に示している勘の鋭さや、独自の発想で進歩させることも、逆位置の場合では望めません。
好きなタイプの人が見つかっても、両想いにまで至らないという結末が多く、正直過ぎる傾向があるという自覚があるのなら、それも改善点です。
自分の傾向をもう少しだけ改善しないと、独りぼっちになるということも表現しています。
そうなったら相手と出会って無理して自分の魅力を伝えようとするよりも、自分に自信を付けるよう、気持ちを鎮めることができるような自分磨きをした方が良い結果につながります。
タロットの「運命の輪」と言うのは、循環性や永続的な事を示すと言われています。占いで「運命の輪」のカードが出現すると、良い前兆です。
宿命に司られてしまう出会いを表すことも多く、タロットカードで恋占いをしている場では、ほんとうに嬉しいカードになります。
お互いに磨き合う事が出来、長続きする出会いになることでしょう。
結婚にまで発展していく可能性も有ります婚活中ならば、運命的な出逢いは、すぐそこまで近づいて来ています。
何の前触れもない出来事なので躊躇してしまうかもしれませんが、真面目な気持で理解するのが良いでしょう。
或いは、煮え切らない相手と付き合ってきたとしても、双方の間で結婚を考える事が生まれるかもしれません。
このチャンスを逃さずに、結婚に向かっての覚悟をしておくべきです。
または、もし今意中のお相手が結婚を考えてくれない事に気をもんでいるならば、全く違う所からそのお相手よりも良い人が突然現れるのかもしれません。
「新規の出会い」を表しているカードなのです。でも、これは正位置で出た場合の事。
仮に逆位置であれば、出会いはない、恋愛運が落ち込んでいる、チャンスをものにできないといった前兆です。
だけどタロットカードは「現在」を観る物ですから、日々の過ごし方や心構えで近い将来は変わります。
自分の決心で何かが変わったとインスピレーションを受けるようなら、再度占いをしましょう。状態が変わっているかもしれません。
タロットカードの「太陽」の意味は、「ハッピー」や「公明正大」「明るい前途」「充実」「パワー」など、ネガティブでないイメージのカードです。
もしあなたが片思い中で恋の行方を知るためにタロットカード恋占いをやったときに、このカードの向きが正位置で出てくると、意中の彼とのお付き合いが始まるかもしれないという希望の表れなのです。
ウキウキする恋の始まりや理想の関係になることを意味し、二人の周囲から温かい祝福が送られることという意味合いです。
運命に導かれた二人の巡り合わせが幸せな未来へ向かう恋になる大事なものとなるでしょう。
しかしながら「明るみに出る」という意味合いもあるため、もし過去の恋愛が未完了の場合は、同時進行は絶対に禁物です。相手にそれがバレテしまい、修羅場になることを表しています。終わらせるべき恋を早く始末し新しいこの恋愛を漫喫しましょう。
一方タロットカードを引いて「太陽」が逆位置で現れると、初めはハッピーでも、長く続かない関係かもしれません。
まずまずのスタートは切れるかもしれませんが、後先考えず今やりたいことをやれば良いんじゃない?といったような関係に陥るかもしれません。
思いやりが欠けてすれ違いや大ゲンカによって、付き合ってすぐ破たんすることも考えられますよね。
それは順調な結婚生活を送るのが難しく、もしも結婚に至っても常にリラックスできない家庭になることでしょう。
二人の間柄が常にぎくしゃくして理想の結婚生活とはほど遠い家庭を作ってしまうケースも考えられます。
でも、結婚を考慮していない相手として好きになったのなら、カップルだったら良い関係が築けるのかというと、そういう事でもないですよ。
お互いに尊重できない感情と不満が大きくなり、別れと復縁を繰り返し長引かせてしまう事もるのです。
タロットカードで恋の行方を占うときに「太陽」のカードが出てきたら、将来が明るいことを表すのです。
空を照らす太陽は、生命を維持するに欠かせません。太陽の力で、夜の月も星も欠けてはならないものとなるのです。
このようなイメージの通り、太陽のカードを当てた恋愛はおもしろいものになり、これと結婚につながっているなんてことも十分あり得ます。
周りの人から祝福を受け、幸福たる関係を築きます。
よいタロットカードが現れてくれたからと言って我がそれに甘えてしまった場合、見事な結果でも悪くなってしまう可能性があります。
それには気をつけておきましょう。他方、逆位置の場合には、相互を傷つけるような関係になるかも知れません。
二人は共にいると、自堕落になる可能性は十分あります。年がら年中喧嘩が絶えないような、楽しめない関係と化してしまいます。
お互いの気持ちが疲れてしまうため、関係を切るときにものっぴきならない状態になるでしょう。結婚はないであろう二人ですが、タイミングやそのときの自分の状況で、結婚することも否定できません。
そのときには決まって問題は常に出る、心が安まらない結婚生活になることでしょう。
ことさら異性問題で苦しめられることが予想されます。万万が一そうでないならば、自身の気持ちも乱れ「今がよければいい」というような恋に投じかねないことも事実です。
「太陽」の正位置ってものはタロットカード占いの決まりでは「もっとも強い」といわれるほど幸せなんて意味を持つのですが、逆位置はそれだけ辛いことを意味しているのです。
好きならその人の交際はどうしようもない問題ですが、身も心もずたずたになる覚悟がなくてはなりません。
数多あるタロットカードの一つである「隠者」は「真相」や「思慮深さ」「熟考」「精神性が高い」などを示すカードです。
「隠者」とは自ら俗世と距離を置いた一人ぼっちで真理の追究に身を投じる人を顕示していますので、このタロットカードが言わんとするところも、メンタル面に主眼を置かれています。
タロットカードを用いて恋愛占いを行ったときにこの「隠者」という名前のカードが正位置で出現するようなことがあれば、いささか気をつけなければならない縁起の悪いメッセージが込められていると思っておきましょう。
フィーリングの結びつきを大切にする恋愛で、節度もあり純情な気持ちで成り立っている反面、一人でいる時を希望する気持ちが強いことから、両者がもっと寄り添うには少々時間がかかったり、手間取ることも度々あるでしょう。
また自分、でなければ相手に言えない事や裏切りを持っているかもしれないことも表示しています。
しかし、どちらか一方が裏切り行為と言わざるを得ない言えない事があったとしても、相手を愛おしく思うが故に隠したり言い出すのが後ろめたいもしかしたら感じているかもしれません。
隠者が逆位置で配置されたときには、「世捨て人」という俗称を持つ先ほどとはまた異なる「隠者」の別の側面が露呈します。
「不信感」や「強情すぎる精神」「口うるささ」「忌み嫌う心」「忘れられない昔の記憶にとらわれる心」などとなってあなたの前に現れます。
正位置で出た時と同じく「秘め事がある」ということも表していますけれども、相手の事を気遣う気持ちの上にむしろヒタ隠すというより、自分の後ろ暗い過去を晒せないがために思い扱った末に心ならずも隠しているという意味合いが俄然強くなります。
もしくは、自分がそれを闇雲に推察している状態を明示することもあります。

恋人たちのラブホテル しし座男が好きな人にする態度 199平成3月18日生まれ23歳(男)

タロットカードの「正義」なるものには、「厳正」「清算しなければならないとき」「取り決めの時」「正当であること」「契約を取り結ぶ」「正義さがある」等を説明してくれているのです。
一方的な恋愛の行方を占ったときにこんなカードが発現すれば、「本気の恋愛」「周囲が認める」「結婚すること」「大人が前提の恋愛」「手と手を取り合う」「冒険はしない」等々を意味しているのです。
現状置かれている状況でも変わっているのです。
こんなことから「正義」が「見当違い」や「思い込み」なんてことを警告を与えるカードにもなりますし、冒険から遠ざかることで自分の決心によってこの恋愛が潰えてしまう恐れがあることを意味していることもあるのです。
周囲のカードとの安定性が非常に違和感を感じるときには、否定的な解釈も試しておいてください。
逆位置に置いた場合には、「正義」の思想も正反対のとらえ方をします。
一例を挙げれば「公平でない」「与えるだけの釣り合いがとれていない関係」「こっそりと恋愛をする」「非常識の思想や行動」「報われない恋」「照合される」といった状況に置かれていることを示すタイミングもあるのです。
視点を変えて、自分自身が「正義」を頼みとするばかりに「相手を責めるばかり」「頑固ゆえ不仲になる」「誤った判断で相手を非難する」等々を意味することがあるのです。
片思い占いをするなら、自らの考え方を相手方に押しつけてはいないか、自分勝手に思い込み相手を判断していないかといういろいろなことを、今一度顧みることも大事なことといえるかも知れません。
タロットカードの「世界」のカードは、「大成」や「達成」「到達」「成就」などを意味します。
現状は片思いで、その恋の行方を占ったときに「世界」のカードが出れば、意中の相手が現在の自分にとって最高の恋愛のパートナーになることを示しています。
それは恋の成就でもあり、双方に一番良い状態になる事が期待出来ると思います。
条件的にも申し分無く、周囲もうらやむようなカップルになるでしょう。
結婚する相手となるかもしれません。大切に愛を育む事が出来るパートナーです。
但しこの「世界」が逆位置で出現すると、どうしても分かり合う事が無い二人だと言うことを知らせるカードになります。
結婚にも至らない可能性が高く、付き合いが長くなればなる程、成長することがない「腐れ縁」と言った関係になりがちなのです。
お付き合いをした後も、じわじわと愛情が冷めていきます。例え婚約まで行っても、婚約者から破棄されるかもしれません。良い相手ではありません。
片思いの程度で、もう一回冷静になってその方のことを見直す必要が有ります。
まさに婚カツ中で「早期に結婚をしたい」という願望であるなら、回避するほうが無難です。
但しタロット占いが全てではありませんので、飽くまでも「警告」や「参考」で受け入れると良いと言えます。
タロットカード占いは、ある種生き物です。取り巻く状態は刻一刻と変化していきますし、双方で悪いところを直す気持でいれば、恋占いの結末は変化して来ることも考えられます。
四柱推命は十二支偏重型の占いほど安易に手を出せるものではありません。
様々な人の運命の大きな流れをつかんで正確に未来を予測しようというものですから、12に分けるだけの十二支では説明できていません。
そこに十干や星宿の理論も組み込んで、その傾向を統計学的知識を適用して査定するのが四柱推命です。「運命学」とはよくいったものです。
十二支と十干を掛け合わせると60種類となって多いようですが、ひとりびとりの運命を解明したいならば、これでは不足しています。
また環境や遺伝といったファクターによっても細かくずれてくるので、鑑定する占い師の才能が高いことが当然となってきます。
おびただしい数の鑑定を行うことで、その占い師も脱皮を経て、生まれながらに備えていた直観力にも発達が起こります。
世に聞こえた占い師が人気だけでなく実力も兼ね備えているのは、経験豊かなベテランの場合が多いからです。
ひよっこ占い師は無用というわけではないのですが、四柱推命によって導き出されるメッセージをより的確に伝える技は、途方もない数の人に対面している占い師の方が、習得していることが多いのです。
もう一度言うと、同じ十二支と十干の年次に生まれた人でも、多少は結果に違いが出るものです。
この点が四柱推命の占い師の真価が問われるポイントです。
四柱推命の奥深い秘法を実社会に割り当てるので、初学者が占っても似たり寄ったりの鑑定ができるわけではありません。
というのも正しいのですが一方で、十二支が表すあら掴みな属性はあります。どの干支が人間関係にトラブルを持ちやすいかとか、どの干支が指導者に向いているかとか、どの干支とどの干支が終生の伴侶となりやすいかなどもあります。
タロットカードに出ている絵は「物事の象徴」と言われています。
つまりその時の環境や立場、占いの種類によって、意味合いもからるのです。
他のカードとの因果もありますので真の意味は言えないですが、このカードの持つ内容によって占いが行われます。
一方的な思いを占っているケースで登場すると善いカードの一つに、「運命の輪」が知られています。
正位置に来たなら、「新しい恋愛のスタート」「運命的な遭遇」「衝動的な恋愛」「結婚へのチャンスが忍び寄る」「分水嶺」「好転」を象徴します。
今は片思いや意中の人がいないといった人にとり、嬉しいカードになりそうです。
過去にお付き合いしていた連れより、ここで出会う人は垢抜けた人だと、暗示してくれています。
反対に逆位置で出現したときには、「恋愛運がない時期」「チャンスを潰してしまう」「チャンスにスルーされてしまう」「拒絶される」「相手の突然の心変わり」「元の恋人に未練を残している」などを示しているそうです。
自分の感情を表すカードとして出現したなら、叶わぬ思いが「前の恋人と別れたことの空しさを埋めるだけの思い」かもしれませんし、相手の心を描写しているなら「今でも前の恋人を忘れられず、こちらを向いてくれることは無理」という場面かもしれません。
倦怠感が生まれる恋愛になる可能性があり、幾ばくかの時間を置くことが必要とされます。
私的に周りを取り巻くコンテクストや状況が変わるのを待ったほうが良いでしょう。
その時期では同じ人間との恋占いでも、新たな違う未来が登場してくることもあるのです。
タロットカードの「星」を眺めると、大星が一つ、それを囲むように小星が7つあるんです。
その星に照らされつつも、ひとりの女の子が泉から水を汲んでいる姿が象徴的です。
「7」の持つ意味は、聖書において「完全数」と思われています。ちなみに泉の水は、生活の象徴です。
「星」による判定はこのイメージから理解できるように、真っ直ぐな依頼や希望を示していると考えられています。
幸せが近寄っていることも、示してくれています。
タロットカードで復縁占いをし、「星」のカードが正位置の形で出現したならば、復縁の欲求は叶うことが期待できるでしょう。
近隣のカードからその流れなどは推し量れると思うでしょうが、もしその理解ができないのであれば、当初からベテランの手によって占ってもらうのが確かです。
やや積極的にアプローチしても成功間違いなしとカードは促していますが、別のカードとの兼ね合いによっては時期を正しく判定することが必要なのでしょう。
慌てず、時勢に任せても、きっと結果は付いてくるみたいです。
これが逆位置のケースでは、この復縁が主観的な独りよがりの気持ちの押しかけなのかもしれません。
相手を崇める気持ちが欠けていたがため別れが避けられなくなってしまったとも考えられるのです。自分の偏愛を無鉄砲に押し付けるのは、相手であれば重い負担です。
さらに自分の言動や素朴な気持ちを考えたいですね。加えて、「相手のことを思う」という面も必要でしょう。
数多あるタロットカードの一つである「隠者」は「真理」や「丁寧さ」「勘案」「心の中の作業」などを示します。
「隠者」とは自ら世の中を離れた孤独な環境下で真理の追究に身を投じる人を示唆していますので、このタロットカードが含有する意味も、人の心の面に比重を置かれています。
タロットカードを駆使して恋愛占いを行ったときにこの「隠者」が元来の向きで姿を見せれば、少々注意する必要がある危ないメッセージを暗示しているかしれません。
双方の心の結びつきを尊う恋愛で、節度もあり無垢な気持ちで成り立っている反面、他人とのコミュニケーションを避けることを望む気持ちが強いことから、お互いがさらに寄り添うには結構な時間がかかったり、手こずることもあります
また自分、もしくはパートナーに秘密や裏切りを有しているかもしれないことも顕示しています。
しかし、どっちかが裏切り行為なのではと疑われるような隠し事を持っていたとしても、相手を愛おしく思うが故に黙認したり言い出せないとひょっとしたら感じているかもしれません。
隠者のタロットカードが上下逆向きで出現した場合には、「世捨て人」という俗称を持つ「隠者」のもう一つの顔が顕在化します。
「不信感」や「強情すぎる精神」「口酸っぱく言う」「避ける心」「記憶から葬り去れない過去にとらわれる心」などとなって現れるでしょう。
正位置で現れた時と同じく「秘密がある」等といったことも象徴していますが、親切心の上にむしろヒタ隠すというより、自分の後ろめたい過去を晒せないがために思い悩んだ結果渋々隠しているという意味合いが一層強くなります。
加えて、自分がそれを闇雲に疑っているさまを示すことも往々にしてあります。
恋の出だしはわくわく感がありますが、あばたもえくぼという諺のように、相手の内面を冷静に見ることが出来ていない可能性があるみたいです。
同時に自分自身の行動も、有頂天になって見当外れになっていることも考えられるでしょう。
「この恋が成功するかな?」とタロットカードを用いて恋占いをすることもあるものですが、そこでは「真摯に受け止めるべきカード」があったらいいですね。
タロットカードは遠い後世を占うのではなく、現在を軸に、過去を勘案して未来を見ていきます。
過去の期し方によって未来は変わるということも考え、諌言として受け止めた方が安全です。
「塔」カードであれば、バベルの塔に神による戒めの雷が落ちて崩壊する有様が描写されています。
正位置で置かれたケースでは、友人関係が「人に出せない関係」に突き進むことも考えられますし、付き合いが進むと袋小路に陥る心配もあります。DVの危険性もあるはずです。
また女性が貢いでしまう仲になるかもしれません。
にも関わらず後戻りができそうもない憂いがありますので、本人が行動を起こすのはいくらかは慎重にしましょう。
仮にそういう可能性があるのなら、必定時期が来れば発覚します。逆位置の方でも、相手の作り事などが忍ばされているかもしれません。
先方の嘘などが隠れていたらどうしますか。
例えばそんなことがあるならわりかし早い段階でそれで気が付き、自分を戒めることができます。逆位置であったほうが、傷は軽くて済みます。

恋愛『用 恋愛占い 相手はどう思って

タロットカードワールドは、「大成」や「達成」「到達」「成就」等を示します。
今の所片思いで、その恋を占う時にこの「世界」のカードがあれば、意中のお相手が自分にとって最高の恋愛のパートナーとなる事を物語っているのです。
それは恋の成就でもあり、双方にとって一番良い関係となることが期待出来ると思います。
条件的にも申し分が無く、周りもうらやましがるようなカップルになれるでしょう。
結婚の相手になるかもしれません。大切に愛を育める人でしょう。
とは言えこの「世界」が逆位置で出現すると、どうやっても分かり合うことがない2人だということを示すカードになります。
結婚につながらない可能性が高く、お付き合いが長いほど、成長がない「腐れ縁」と言った二人になりがち。
お付き合いをしたあとも、だんだん愛情が冷めてしまいます。万が一婚約まで行っても、パートナーから撤回されるかもしれません。良いお相手とはなりません。
片思いの状態で、いま一度冷静になって相手の人を見極めることが必要です。
特に結婚を意識している中で「早く結婚をしたい」と言う願望なら、避けるようにすることが無難です。
ですがタロット占いが全てではありませんので、飽くまで「忠告」や「参考」で受け止めると良いと言えます。
タロット占いは、ある意味では生き物です。取り巻く実態は刻一刻と変動しますし、お互いが悪い所を正す気持で居れば、恋愛占いの占い結果は変わることも考えられます。
タロットカードの「運命の輪」のカードには、循環性や永続的な事等を示すと言われています。鑑定で「運命の輪」のタロットカードが出ると、良いしるしです。
運命と言うものに誘われている出会いを表す事も多く、タロットで恋占いをしている時には、ほんとうに嬉しいカードです。
お互いに磨き合う事ができ、長続きする出会いになることでしょう。
結婚まで発展する可能性もありです。婚カツ中ならばこそ、運命的な出逢いは、そこまで近づいてきています。
何の前触れもない出来事なので躊躇するかもしれませんが、率直に受け止めるようにしましょう。
また、煮え切らない人と付き合ってきた場合でも、二人の間にも結婚を考える異変が出現するかもしれません。
そのチャンスを逃さずに、結婚に向かっての覚悟を行っておくべきです。
もしくは、仮に今の意中のお相手が結婚について考えていないことに気をもむなら、全く違う角度からそのお相手よりももっと良い人が現れるかもしれません。
「新しい出会いのタイミング」を意味するカードなのです。但し、それは正位置で出た場合の事。
万一逆位置なら、巡り合いがない、恋愛運が下落している、チャンスを逃すといった気配です。
但しタロットカードは「現在」を調べる物ですから、日常の行いや心構え次第で未来は変わります。
自らの心構えで何か変化したかとインスピレーションを感じた時には、再度占いましょう。状況が変化しているかもしれません。
タロットカードの「星」なら、ビッグスターが一つ、それを覆うように小星が7つ置かれています。
その星に照らされるように、ひとりの少女が泉から水を汲んでいる姿が見えるでしょう。
「7」に秘められた意味は、聖書において「完全数」とされているようです。なお泉の水は、生命現象の象徴です。
「星」の含意はこのイメージから理解できるように、ポジティブな依頼や希望を示していると言われています。
きっかけが近付いたことも、啓示してくれています。
タロットカードで復縁占いをする際に「星」のカードが正位置の形で出現しているのなら、復縁の希望は叶うことが期待できるそうです。
近隣のカードからその流れなどは推し量れると思ってしまいがちですが、もしその判読ができないのであれば、はなから本職の手によって占ってもらうのが賢い選択です。
幾分積極的にアプローチに挑んでも成功することをカードは伝えていますが、並んだカードとの兼ね合いによっては時期を細部まで判読することが必要であります。
プッシュせず、運に任せても、しかるべく結果は付いてくるのでしょう。
これが逆位置の際には、この復縁が主観的な独りよがりの気持ちの強制なのかもしれません。
相手を尊ぶ気持ちが欠けていたために別れが下さてしまったとも考えられるみたいです。自分の偏愛を単に相手へ押し付けるのは、相手ならば重い負担です。
再び自分の動きや具体的な気持ちを考えることが重要です。同様に、「相手のことを思う」という点も必要と言えるでしょう。
タロットカードに写っている絵は「物事の象徴」を譬えています。
言い換えればその時の環境や立場、占いの結果によって、注釈も変わるそうです。
他のカードとのバランスもありますので具体的な意味を言うことができないのですが、このカードの持つ幻影によって占いを行うようです。
秘めた思いを占っている刹那に裏返るとワクワクするカードの一つに、「運命の輪」があると言われています。
正位置に来ると、「新しい恋愛の萌芽」「運命的な一期一会」「この人!人目でわかる」「結婚へのチャンスが来た」「分水嶺」「好転」を暗示しています。
ちょうど片思いや意中の人がいないといった人にとっては、嬉しいカードのはずです。
元々お付き合いしていた元彼より、後に出会う人は素晴らしい人だと、知らしてくれています。
されど逆位置で出現したときには、「恋愛運がない情勢」「チャンスをスルーしてしまう」「チャンスが見出せない」「修羅場」「相手の想定外の心変わり」「昔日の恋人に未練を残している」などを示しているのです。
自分の感情を表すカードとして出現したならば、秘めた気持ちが「前の恋人と別れたことの悔しさを埋めるだけの思い」かもしれませんし、相手の心を写しているなら「それでも前の恋人を忘れられず、こちらを向いてくれることは皆無」という事実かもしれません。
立ち往生してしまう恋愛になる可能性が大であり、ちょっと時間を置くことが必要みたいです。
当人の周りを取り巻くコンテクストや状況が過ぎるのを待ったほうが利口です。
その時期では同じ彼との恋占いでも、おおよそ違う未来が控えていることもあるのです。
タロットカードの「正義」と称されるものの中には、「公明正大」「精算の時間」「意思決定すべき時」「適切であること」「契約を妥結」「正義がある」そういった内容を示すのです。
秘めた恋愛の行方を占ったときにこんなカードが出てくれば、「真面目な恋愛」「周りが認めてくれる」「マリッジ」「大人が前提の恋愛」「手と手を取り合う」「冒険しない」をはじめとしたことを説明してくれています。
現状置かれている環境下であっても変化しています。
そういったことにより「正義」が「見当違い」や「先入観」などを注意喚起するカードにもなりますし、冒険を止めることで自分の断決によってこの恋愛が潰えてしまう可能性があることを教えてくれるようなこともあるのです。
周りのカードとの均衡が非常に違和感を感じるときには、消極的な考え方も試すだけ価値があります。
逆位置におわすならば、「正義」の概念も逆にとらえていきます。
例を挙げると「公平でない」「与えるだけでバランスが乱れた関係」「内密に恋愛をする」「常識外の思想や行動」「一方だけの恋」「比べものにされる」といった状況に置かれていることを示していることもありますね。
それとは逆に、自分自身が「正義」を信用するあまりに「相手を責め立てすぎてしまう」「頑固であるため不仲になってしまう」「誤った判断で相手を非難する」というような意味を意味するのです。
片思いを占うようなら、自分の思いを相手方に押しつけてはないか、勝手に思い込んで相手を判断していないかだなんてことを、もう一度思い返すことも大事なことの一つといえるかも知れません。